育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分
育毛シャンプーには主に洗浄成分と育毛成分が含まれます。洗浄成分とは髪を綺麗にしたり洗い上がりのサッパリとした感覚を与えたりする成分であり、育毛成分とはさまざまな働きかけによって髪の成長を促す成分のことです。そして、育毛シャンプーはアルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類に大きく分類されます。市販されているシャンプーとしてはアルコール系シャンプーがもっともメジャーなものです。アルコール系シャンプーはドラッグストアやスーパーマーケットなどで大量に販売されており、愛用者も多く見られます。アルコール系シャンプーには洗浄成分としてラウリル硫酸やラウレス硫酸などが使われています。これらの洗浄成分は泡立ちと爽快感に優れるのが特徴です。反面、頭皮に与える刺激が強いため、肌が弱い人は痒みや痛みを引き起こすこともあります。また、必要となる皮脂までも洗い流してしまい、頭皮の乾燥の原因となることもあります。敏感肌や乾燥肌の人はアルコール系シャンプーの使用は避けた方がいいでしょう。

石鹸系シャンプー
その名の通り、石鹸系シャンプーは石鹸成分を使用したシャンプーです。洗浄力は強いものの、低刺激で頭皮に優しいという性質を持っています。石鹸系シャンプーはアルカリ性なので使い始めは頭皮にゴワつきを覚えることもありますが、使い続けることでそうした感覚は落ち着いていきます。ゴワつきが気になる場合、石鹸系シャンプー専用のリンスなどを使ってみるのもいいでしょう。頭皮を清潔に保ちつつ髪の生えやすい頭皮環境を整えることができるので、石鹸系シャンプーの育毛シャンプーを使っている人は多いです。石鹸系シャンプーには液体タイプと固形タイプがあるので、好みに応じて使い分けるといいでしょう。石鹸系シャンプーもドラッグストアやスーパーマーケットで気軽に購入することが可能であり、値段も比較的リーズナブルなものが多くなっています。

アミノ酸系シャンプー
アミノ酸は頭皮や髪を構成する主要な成分です。アミノ酸系シャンプーはそのアミノ酸を洗浄成分、育毛成分として配合しており、育毛シャンプーとしてはもっとも広く用いられています。アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪の材料となるものなので、仮に洗い残しがあったとしても頭皮や髪に馴染みやすいという性質があります。泡立ちや洗い上がりの爽快感はアルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーには劣りますが、育毛という一点に着目すればもっとも優れたシャンプーと言えるでしょう。

loading
×