シャンプー選びの基準となる項目を挙げてみます。

① 肌質
人それぞれ、肌質の違いがあります。皮脂の分泌が多く脂質な人、乾燥しがちで皮膚の弱い人、フケの多い人。など、様々だと思います。
肌質それぞれに向けた育毛シャンプーがありますので、シャンプーを選ぶ時は確認をしてみるとよいでしょう。

② 洗浄力
次に洗浄力ですが、強・弱とあります。
これも、肌が弱い方はあまり強いシャンプーを使うと、肌を痛めてしまい、かえってよくない結果になりかねません。
ですから、自分に合ったものを、調べたり相談したりして選んでみるとよいでしょう。

では、その効果について、利用されている方のご意見はどんなものでしょうか?

意見として、個人差はかなりあります。
というのも、例えば同じ育毛シャンプーを使った二人がいて、片方には効果が現れず、毛片方には効果を実感できた!など、シャンプーの使用環境、生活環境や食生活にも個人差があるからです。

それをふまえて・・・ですが、
口コミなどで評価が高いのは、育毛シャンプーに含まれる成分です。
成分が多く入っていたり、より良い成分を使っているシャンプーは、効果も付いてくるようですね。
ただし、成分に比例して、お値段も高くなるかもしれませんが。

育毛シャンプーは、頭皮の毛穴の汚れをしっかり落とし、その毛穴から直接栄養分を補うことで、発毛・育毛を促進する。と言ったことから開発されており、洗浄力とその栄養素は重要と言えるでしょう。
ただし、洗浄力ばかりに気を取られてしまうと、頭皮に必要な油脂分まで洗い流しかねず、油脂分が不足すると、頭皮が乾燥して、ふけや痒みの原因となり、効果が激減する可能性もあります。
ほどよい洗浄力で、栄養が沢山入っている育毛シャンプーを選んで、とにかく、優しくマッサージしながら頭皮を洗うのが良いようです。

実際に、色々なシャンプーを試して、薄毛を解消した方の写真も拝見しましたが、見事に薄かった頭頂部が黒々としていました。
3年かけて実行して、実感をされたとの事なので、やはり継続することが一番大切かもしれません。

基本的となる、食生活の改善。しっかりとした睡眠をとる。ストレスを貯めない。こういったことを日頃から気をつけて、合わせて育毛シャンプーを使うことをお勧めします。

予断ですが、育毛シャンプーと、育毛サプリメントの併用も効果に繋がるそうなので、薬局などで色々物色してみるのも良いかもしれないですね。