シリコンの入った育毛シャンプーのデメリット
男性の多くが薄毛の悩みを抱える今日においては、テレビや雑誌などで育毛シャンプーのコマーシャルが頻りに行われています。育毛シャンプーのコマーシャルで度々目にする宣伝文句の一つとして、ノンシリコンであることが挙げられます。そのため、感覚的にノンシリコンの育毛シャンプーというものはシリコンの入った育毛シャンプーよりも髪にいいものなのだと理解している人もいることでしょう。元々、ほとんどの育毛シャンプーにはシリコンが配合されていました。シリコンには髪にハリやツヤを与えるという働きがあるため、パサつきのある髪も美しくまとまり、洗い上がりの爽快感を得ることができます。薄毛の人には頭皮トラブルを抱えている人が多く、それによって髪が傷んでハリやツヤが失われていたため、シリコンの入った育毛シャンプーは高い人気を誇ったものでした。しかし、育毛シャンプーは髪には良い影響を与えるものですが、頭皮には悪い影響を与えるものです。シリコンが頭皮の毛穴に詰まってしまい、痒み、痛み、腫れなどを引き起こすこともあります。また、毛穴が詰まると血行も悪くなってしまうので栄養が十分に行き届かなくなり、髪が抜けやすくなったり、髪が生えにくくなったりします。シリコン入りの育毛シャンプーを使い続けた結果、薄毛が発症してしまった、薄毛が悪化してしまったという人も少なくありません。こうした経緯を経て、薄毛に悩んでいる人は次第に育毛シャンプーの使用を避けるようになっていきました。

シャンプーの役割
本来、シャンプーというものは髪を綺麗にするものではなく、頭皮を綺麗にするものです。髪に付着したホコリなどの汚れは水洗いでもほとんど完全に落とすことが可能です。そのため、髪に働きかけるシリコン入りのシャンプーはシャンプーとしての本質から少し外れていると言えるかも知れません。

ノンシリコンの育毛シャンプーのメリット
シリコン入りのシャンプーには上述したようなデメリットがありますが、ノンシリコンの育毛シャンプーはこれらの問題点を全てクリアしています。それがノンシリコンの育毛シャンプーのメリットと言えるでしょう。ノンシリコンの育毛シャンプーでも十分に頭皮と髪を清潔に保つことは可能なので、薄毛に悩んでいる人にはノンシリコンの育毛シャンプーがおすすめです。現在髪が傷んでいても、頭皮環境を整えればハリやコシは少しずつ戻ってきます。