敏感肌とは
現代医学においては敏感肌は病気ではないとされています。敏感肌という病名は存在せず、血液検査などを行っても敏感肌と判断できるような数値が見られるわけではありません。一般的に、衣装による擦れなど、普通の人では特に問題がないような些細な刺激にも肌が敏感に反応してしまい、痛みや痒みを覚えたりする人のことを敏感肌と言います。敏感肌は体質、食生活、睡眠不足、ストレス、アレルギーなど、さまざまな原因によって引き起こされます。

○敏感肌の人はあらゆる外からの刺激に敏感になっています。冬場の乾いた風を受けただけで肌が乾燥してしまい、ひび割れから血が滲んでくるという人もいるほどです。そのため、ほとんどの敏感肌の人は洗顔料や化粧品の選択に慎重になっています。敏感肌で薄毛に悩んでいる人の中には、育毛シャンプーを使っても大丈夫なものかと心配している人も少なくありません。育毛シャンプーは普通のシャンプーと比べてさまざまな成分が配合されており、それが肌に悪影響を及ぼさないかと考えがちです。しかし、薄毛の人も敏感肌の人と同じく、頭皮になんらかのトラブルを抱えているケースが多いです。そのため、育毛シャンプーは頭皮環境の正常化を目的として作られており、頭皮に優しく働きかける低刺激のものが多くなっています。基本的に敏感肌の人でも問題なく使用することが可能です。

敏感肌の人におすすめの育毛シャンプー
育毛シャンプーのうち、敏感肌の人におすすめなのがアミノ酸系の育毛シャンプーです。シャンプーの洗い残しがあった場合、それが毛穴に詰まって頭皮を荒れさせる原因となります。しかし、アミノ酸系の育毛シャンプーは頭皮や髪を構成するアミノ酸を洗浄成分としており、仮に洗い残しがあったとしてもすぐに地肌に馴染んでいくので頭皮が荒れる心配がありません。アミノ酸系の育毛シャンプーは超低刺激であり、薄毛に悩んでいる人の他、敏感肌の人にもおすすめです。最近では敏感肌の人を対象としたアミノ酸系の育毛シャンプーも販売されています。その他、シリコンが配合されていると洗い上がりの髪が美しく整いますが、シリコンも毛穴に詰まってしまうことがあるので、基本的には育毛シャンプーはノンシリコンのものを選ぶようにした方がいいでしょう。もっとも、育毛シャンプーがいくら肌に優しく作られているからといっても、肌質により合う合わないは存在します。もったいないからといって使い続けず、違和感を覚えたらすぐに使用を中断した方がいいでしょう。